読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白蛇の黄金ブログ

主にゲームや筋トレ、ギターや生活に役立つ情報をご紹介していきます(´・ω・`)

【スポンサーリンク】

自宅筋トレで最強の大胸筋を手に入れる!!〜中級編〜

皆さま筋トレしてますか?風邪気味になると腸にそれがきてすぐお腹が痛くなる白蛇です(-_-)ヨーグルトでも食べますか

 

前回は初級編でしたが今回は中級編ということでより大胸筋を意識して行うトレーニングをご紹介します!

 

ダンベルベンチプレス

ダンベルを持ってベンチに仰向けに寝てそれを持ち上げて大胸筋を鍛える運動となります。

この時肩甲骨は寄せて行い、肘は伸ばし切らない様に行いましょう。

片手ずつ行って胸の筋肉を意識すれば分かりやすいのですが腕をそんなに伸ばし切らなくても大胸筋って収縮してるんですよ。

 

白蛇は実はこのトレーニングを取り入れたのはここ2年前くらいからでした、何故ならそれまで腕立て伏せを行えば良いかと必要性を感じていなかったからです。

ですが物は試しと購入して試してみるとこれが大成功でした!

何が良かったかというと腕立て伏せより大胸筋を意識しやすいのです。

これは本当にオススメで大胸筋が中々成長しない方でまだダンベルベンチプレスを取り入れてない方は是非試して頂きたいです。

腕の動かし方から大胸筋を意識するのですがそれが意識できる様になると結果的に腕立て伏せでも意識しやすくなり本当に取り入れて良かったと思ってます。

なんでも試してみるのは良い事ですよね^_^

 

ここでダンベルベンチプレスとバーベルベンチプレスの違いを少し。

ダンベルは片手ずつ持って行い、バーベルは1つのバーを両手で持ち上げます。

バーベルの方が両手の為高重量を扱えるし運動的には腕立て伏せに似ているので取り入れやすいです。

しかしトレーニングの種類はダンベル程多くないし、場合によっては補助してくれる方がいないと危険な状況にもなりえます。

ダンベルは片手ずつなので動きに幅があります、ダンベルフライ、ダンベルカールなどの別の運動もより多く出来ます。

上記にも書きましたが片手ずつ行って胸の筋肉の動きを確かめる、なんて事も可能です^_^

なので白蛇はダンベル派です(`・ω・´)バーベルも置けたらおきたいけどこれ以上場所をとる筋トレグッズを置いたら奥さんに怒られて売り飛ばされかねないのでバーベルは我慢しよう、、(._.)

 

ダンベルではなく鉄アレイなんかもありますが出来れば重さを変えれる可変式のダンベルが好ましいです。筋肉の成長に合わせて重さを変えれますからね。

重さもダンベルプレス自体は10㎏セットでも良いかもしれませんがダンベルは色々な運動が出来る器具なので30㎏、もしくは20㎏セットあれば他にも色々なトレーニングが出来るので良いと思います^_^

 

ベンチについては無しの状態で行う方もいますが腕と胸の可動域が狭くなるのでトレーニング効果が落ちてしまいます。

なので背中にタオルを重ねてベンチの様にするか、白蛇はベンチを買う前は椅子を工夫して2つ使って行ってた時もありましたw椅子ちょっと壊れかけてベンチ買うことになったのですがね、、

でもベンチは椅子やタオルと違ってしっかり体を支えてくれるので良いですよ^_^

 

いかがでしたでしょうか?

ダンベルプレスで胸の筋肉をより意識できる様になったら改めて腕立て伏せをやってみるのも良いですよ^_^

次回は上級編で大胸筋を仕上げていきましょう!

まだ筋トレ始めたばかりでダンベル取り入れたりするのも早いかなぁという方は初級編を見てみて下さい(´・ω・`)

 

www.sirohebi.com