白蛇の黄金ブログ

主にゲームや筋トレ、ギターや生活に役立つ情報をご紹介していきます(´・ω・`)

【スポンサーリンク】

筋肥大が起こりやすい筋トレの仕方とは如何なるものか

皆さま筋トレしてますか?わたくしの筋トレグッズを売ればお金になると策略してる奥さんに怯えてる白蛇です(´・ω・`)いつか売られるんだろうか、、

 

今回は筋トレによって起こる筋肥大について考えてみました。

体をカッコ良くするために筋トレをする、そして筋肥大が起こり体がカッコ良くなる、、体をカッコ良くする為には筋肥大無くしてないでしょう。

では筋肥大はどうやって起こるのか?そして筋肥大がより起こりやすい効率の良い筋トレとは考えてみました。

 

筋肥大の仕組み

筋肉はトレーニングにより筋繊維が傷つき、栄養を与え休息する事により超回復が起きます。

超回復が起きるとトレーニング前と比べて筋繊維が少し太くなって修復されます、そしてまたトレーニングをして、この繰り返しで筋肉が大きくなる事を筋肥大と言います。

 

筋肥大が起こりやすい効率の良い筋トレとは

ポイントは

・どのくらいの重さ、そして回数で

・セット数は?

・栄養と休息期間

上記が大事になってきます。

 

どのくらいの重さ、負荷で

まず一回しか出来ない様な重さは筋肥大に向いてません。

一回の運動では筋力は上がりますが筋繊維が傷ついてそれが太くなる状態にはなりにくいです。

逆に100回や200回も出来る運動も筋肥大は起こりにくいです。回数が多いので筋肉自体は引き締まりますけどね。

 

白蛇はこの筋肥大における適切な負荷と回数について色んな筋トレ本やインターネットの情報で見てきました。

その情報をご紹介します。

6〜10回、10回出来たら、8〜12回、10〜15回などなど、、バラバラやんけ( *`ω´)!て感じですよねw

さらにセット数の概念も様々でした、3セットとか4セット、慣れてきたら5セット、はたまた限界までとか、、回数の方と組み合わせるともう訳がわかりませんw

 

ここで万能の言葉を使いたいと思います。

「個人差がある」という言葉を( ͡° ͜ʖ ͡°)⇦誰?

よくダイエット商品とかに紹介されたら隅に小さく書いてますよね、個人差があります、みたいな。あれですよあれ。

 

負荷と回数は個人差があるからなんとも言えない。と言ってしまうとそこで終了ですが白蛇の集めた情報と自身の筋トレ生活で得た情報は「その筋肉をしっかり意識出来て疲労を感じれる」回数が大事だと思います。

この「意識する」っていうのが大事だと思うんですよ。

高校生の時から筋トレしてましたが昔の方が代謝も良いし回復も早いけど、今の方が代謝は悪いけど筋肉つきやすいです(`・ω・´)その違いはやはり「意識する」のが出来てるかどうかの違いだけでした。

なので6〜10回で意識できて疲労も感じれればそれで良し!もう少し回数を重ねないと意識出来ないのであれば20回〜30回くらい行っても良いと思いますよ!

知り合いのボディビルダーは50回くらい行っても筋肥大は起こるぞって言ってました(´・ω・`)ちなみにこの知り合いの方は奥さんのお父たまですwお義父さんこれからも宜しくです(`・ω・´)

 

セット数は?

回数の所でも書きましたが情報が溢れ過ぎて色々試しましたよー本当。

これも個人差があると言ってしまえばそれまでですが3セットは行った方が良いです。

というか今現状白蛇がたどり着いた答えは3セットで十分ですね。

5セットとか10セットとか行ってた時もありましたがまず時間が足りませんw

しっかりとその筋肉を意識して3セット行えばちゃんと疲労感じて、筋肥大起こってます^_^

1セット目で限界まで行っても実はすべての筋肉は使われていません。

2セット目で1セット目で使われていない筋肉が使用され、3セット目で残りの元気な筋肉を鍛える、、この様なイメージです。

 

回数や負荷、セット数については色々と試してみてください(^^)

そして出来れば1か月は試さないと効果は実感できないかと思います。

筋トレは知れば知るほどトレーニングが効率良くなったり体に変化が起きやすくなったりと楽しくなってきます(^^♪

これからも白蛇と一緒に勉強していきましょう!!

 

筋肥大のイメージはつかめてきたよ~という方は各トレーニング方法も見てみてください(^^)/

 

www.sirohebi.com

 

 

www.sirohebi.com