白蛇の黄金ブログ

主にゲームや筋トレ、ギターや生活に役立つ情報をご紹介していきます(´・ω・`)

【スポンサーリンク】

おやつの言葉の由来とは?もしも少しずれてたら舌噛み過ぎて出血しまくりだってばよ_:(´ཀ`」 ∠):ぐぇ

皆様今週のお題は「おやつ」です。

 

わたくしもぽっちゃり系の例にもれずおやつが大好きです(*´∀`*)

 

そんな大好きなおやつですがそもそもの「おやつ」という言葉の由来を調べてみました。

 

おやつの由来

江戸時代では14時から16時までの間の事を「八つ刻(やつどき)」と言います。

 

そして江戸時代ではその頃に間食をする事が多かったと。

 

やがてその間食自体の事を「おやつ」と呼ぶようになりましたとさ、めでたしめでたし(*´-`)

 

もしもその間食が少しずれてたら

そんな事を考えてしまうのです。

 

七つ刻なら「おななつ」、言いづら_:(´ཀ`」 ∠):←舌噛んで出血

 

九つ刻なら 「おここのつ」、もっと言いづら_:(´ཀ`」 ∠):←舌噛んで出血

 

六つ刻なら「おむつ」、もはや別物_:(´ཀ`」 ∠):ぐぇ

 

もしも少しずれてたら舌噛み過ぎて今の日本人の平均舌長は5ミリ短くなってたことでしょう。

 

「おやつ」という言葉で良かったと思いながら今日も大好きなシュークリームでも食べるとしますかね、、(*´∀`*)へへ

 

 ではでは